初野建材工業株式会社

川越スチューデンツの地元企業訪問18

初野建材工業株式会社

環境・土壌汚染予防の浄化剤の開発・製造に注力

建築・土木材料の販売、外構工事、六価クロム浄化剤開発・販売等

企業内容:
川越市宮元町82-1
資本金 3000万円 従業員14名(男性11名、女性3名)
企業情報:詳細を見る
企業情報:詳細を見る

<事業内容>

砂や砂利など、コンクリートを作る際に必要な土木材料(骨材)の販売と、建築工事にともなう外構工事を請け負う。とくに近年、川越市内で採れる良質な「荒木田土(あらきだつち)」が高い評価を受けている。粘度と滑りにくさのバランスがよく、ひび割れが起こりにくい荒木田土は、相撲の土俵や野球場のメインピッチなどに最適で、現在、両国国技館のほか大相撲の全場所で、同社の荒木田土が使われているほど。相撲部屋からの注文は後を絶たない。

近年注力しているのが、セメントに由来する有害物質、六価クロムの浄化事業。バイオの力で六価クロムを安全無害な三価クロムに還元浄化する商品を、同社は東京工科大学の杉山友康教授と共同開発・研究を行い、実用化した。
セメントは原料である石灰石を超高温で焼いて作る際に六価クロムが発生する。これは発がん性のある極めて毒性の強い物質で、土壌汚染の原因の一つ。同社は再生コンクリート砂に散布する浄化剤「再生6出なし」に加え、軟弱地盤を固めるセメント系固化材に添加する「改良6出なし」も開発、実用化。その土地で暮らす人々の健康や建物の資産価値を守ることに貢献している。「再生6出なし」は平成25年度川越KOEDO E―PRO奨励賞も受賞している。

「この商品は売り上げとしては全事業の1%にも満たないが、土壌汚染問題がとても深刻になってきている昨今では、一番育てていきたい事業。環境問題に真摯に取り組み、安心して暮らせる街づくりに貢献することで、お客様から信頼される企業でありたいと思っています」と代表取締役・初野直樹さんは力を込めて話す。

  • 代表取締役 初野直樹さん
    代表取締役 初野直樹さん

    <職場の特徴・求める人材>

    どの部署でも、性別や理系文系は関係ないという。「工事部の主な仕事は現場監督。男臭いイメージがあるかもしれませんが、現場監督は女性でもできる仕事です。歓迎します」と初野さんは話す。また、お客様は工務店や設計事務所といった企業がメインだが「営業ではお客様の依頼をハイハイと聞くのではなく、コミュニケーションがとれて、自分の意見やアドバイスをしっかり言える人、真面目でコツコツ努力できる人がいいですね」と続ける。

    • 六価クロム浄化剤「再生6出なし」
      六価クロム浄化剤「再生6出なし」

    トップに聞きました

    • 話し手
      代表取締役 初野直樹さん
      聞き手
      東京国際大学国際関係学部3年 戸井田虹輝さん
      東京国際大学商学部3年 増子勇太さん
    • トップに聞きました
    Q:砂や砂利といった建材販売事業のお客様は企業(BtoB)ですが、「再生6出なし」は個人消費者にも販売すること(BtoC)を目指すものですか?
    たしかに「再生6出なし」などの浄化剤は、本来は家を建てる個人に買ってほしい商品です。ただ当社の立場上、個人のお客様を見つけるのは現段階では難しいので、今は家を建てる工務店や設計事務所を営業先として、環境問題も含めて当社の商品を知ってもらうことを優先しています。いずれは個人消費者からも買っていただけるように、例えばフランチャイズ展開するとか、代理店を置くなど広げていきたいですね。
    Q:会社として新事業を起こし拡大していくとき、すごくお金がかかると思うのですが、新商品の開発と資金調達はどのように考えているのですか?
    新しく技術開発をするとき、外から多額の資金を借り入れて「この商品に賭けてみよう」というやり方もあるかもしれませんが、当社は毎年の利益の範囲内でしか技術開発をしていません。だから時間もかかります。「再生6出なし」はヒット商品ですが、商品化するまで6年以上かかりました。私は、まず社員とその家族を守ることを最優先にして会社経営をしているので、時間がかかるのはしかたないですね。
    • インタビューを終えて

      今までセメントは安全だと思っていたけど、じつは国の厳しい基準値がある有害な六価クロムの問題を抱えていることを知り、驚いたと同時に、これからもこの問題に関心を持ち続けたいと思いました。この会社のように環境問題に取り組む企業は、今後もっと注目されると思いました。(増子さん)

      身近なセメントについて、安全面の問題の話を聞いて勉強になりました。大手企業でもなかなかできないことを、「改良6出なし」などの商品を開発・実用化することで、この会社が率先して解決していこうとする姿勢に頼もしさを感じました。(戸井田さん)

    企業情報

    社名初野建材工業株式会社
    社名(フリガナ)ハツノケンザイコウギョウ
    設立年1960年
    資本金3000万円
    代表者氏名代表取締役 初野直樹
    所在地川越市宮元町82-1
    業種化学工業
    正社員数14名 (男性11名、女性3名 2018年8月現在)
    主な事業内容六価クロム浄化剤開発、製造
    スポーツ用荒木田土、特殊砂の販売
    建築および土木工事用骨材販売
    建築工事に伴う外構工事
    電話049-224-5131(代)
    FAX049-224-5209
    mailhatsuno-kk☆hatsuno-kk.com
    (※上記の「☆」記号を半角「@」記号に置き換えてご利用ください)
    企業サイトURL http://hatsuno-kk.com/
    ※本データは公開時点のものです

    その他の特集を見るSee other Special Leaf