株式会社ジェック東理社

KOEDO E-PRO 認定企業13

株式会社ジェック東理社

真空および低温理化学機器の設計、製作、販売

認定製品・技術:
液体窒素容器「シーベル」で平成29年度KOEDO E-PRO大賞
企業情報:詳細を見る

「高真空・極低温技術」で、日本の科学技術発展に貢献

液体ヘリウム(-269℃)、液体水素(-253℃)、液体窒素(-196℃)など、取扱いが難しい極低温機器の設計、製作を得意とするのがジェック東理社だ。

この30年間、世界中で超電導材料の研究が盛んに行われてきた。超電導は特定の物質を極低温に冷やすと電気抵抗がゼロになる特殊な現象。その材料の開発には、極低温状態で物質がどのような性質を示すかの評価が欠かせない。これらの研究者のニーズを一件一件吸い上げて実験装置を作り、科学技術の発展に貢献してきた。

「KOEDO E-PRO大賞」を受賞した液体窒素容器「シーベル」は、同社で最もシンプルな製品だが、同社の基礎となる低温技術が凝縮された製品。高い断熱性能だけでなく、軽くて扱い易いところが評価され、全国シェア67%という高さ(工業ガス専門誌『ガスレビュー』調査)を誇る。

製鉄、半導体、食品をはじめとした、液化ガスを大量に消費する工業向けには、配管を丸まる魔法瓶構造にした真空断熱配管(VJP)を提供している。このVJPは高い断熱性能に加え、高圧ガス保安法に基づく経済産業大臣の認定を取得し、高い安全性と信頼性を実現している。また真空排気まで含めて工場内でプレハブ化することで現地工事を短縮化、真空劣化が起きにくい構造による長期間メンテナンスフリーの実現など、性能、品質だけでなく使い勝手にもこだわった製品となっている。

また近年では、「重力波望遠鏡」の感度を高めるために欠かせない設備の冷却や、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の「再利用可能宇宙ロケット」の燃料供給系統、「超電導送電」の実証プロジェクトなど、最先端の分野にも同社の低温技術を活かして参画している。

  • 断熱に関する基礎技術が凝縮されたシーベル、E-PRO大賞を受賞
    断熱に関する基礎技術が凝縮されたシーベル、E-PRO大賞を受賞
  • 経済産業大臣認定品の真空断熱配管(VJP)
    経済産業大臣認定品の真空断熱配管(VJP)
軽くて丈夫な高性能魔法瓶「シーベル」。
-196℃の液体窒素の安全で手軽な取扱いを実現し、産業・工業・医療・科学の各分野の生産・試験・研究等の多彩なシーンで活躍している。

独自技術・強み

一つひとつお客様のニーズに応じて、ものづくりできるところが当社の強み。実際に同社売上高の50%以上が受注製作品である。実現困難なニーズでも「低温」に関連するものであれば柔軟に取り組む姿勢が評価され、近年は最先端の国家プロジェクトに参画する機会も増えている。

展望、事業連携

日本の科学技術の一端を担う「高真空、極低温」とその関連分野で、これからもお客様の多様化するニーズに応えることを目指す。
超電導送電など将来技術の実験プロジェクトは、純粋な技術開発の段階のみならず、経済性の実証など将来予定される過程にも引き続き参画し、商用化に向けて貢献して行きたい。

トップメッセージ

代表取締役社長 牛島 勇氏
高真空・極低温関連分野で革新性が求められるお客様のニーズにお応えし、科学技術ならびに産業界の発展に貢献していくことが当社の使命と考えています。

企業情報

社名株式会社ジェック東理社
社名(フリガナ)ジェックトウリシャ
設立年1932年2月(東理社)
資本金1億円
代表者氏名牛島勇
所在地〒350-0833 埼玉県川越市芳野台2-8-52
支店・営業所等
グループ会社
業種その他 (極低温機器製造)
正社員数男性60名 女性9名 合計69名
主な事業内容・低温理化学機器の設計、製造、販売、メンテナンス
・高性能真空断熱配管、低温機器・高圧ガス機器・真空機器及び関連商品の設計、製造、販売、輸入輸出並びにメンテナンス
電話049-225-7555
FAX049-225-7588
mailU359515☆jecctorisha.co.jp
(※上記の「☆」記号を半角「@」記号に置き換えてご利用ください)
企業サイトURLhttp://www.jecctorisha.co.jp/
※本データは公開時点のものです

その他の特集を見るSee other Special Leaf