株式会社シンワ・スポーツ・サービス

川越スチューデンツの地元企業訪問4

株式会社シンワ・スポーツ・サービス

ホスピタリティ重視のフィロソフィーが社員に浸透

スイミングスクール・スポーツクラブの運営管理

企業内容:
川越市旭町2-13-1
資本金1000万円 従業員数48名(正社員)212名(フリーインストラクター・アルバイト等)
企業情報:詳細を見る

<事業内容>
ホスピタリティ産業、心の共有業

取締役の江守哲也さん。「ホスピタリティのお手本はディズニーランド」と話す。
取締役の江守哲也さん。「ホスピタリティのお手本はディズニーランド」と話す。

事業には3つの柱、(1)15歳以上の大人を対象とした総合スポーツクラブ、(2)0歳~14歳の子供を対象としたスイミングスクールやダンス、空手のスクール、(3)障害を持つ小中学生の放課後等デイサービスがあり、現在、川越市内を中心に総合スポーツクラブ2カ所、スイミングスクール3カ所、デイサービス2カ所を運営する。

近年、健康増進産業においては、小規模なヨガスタジオ、アスレチッククラブに代表されるローコストのカテゴリーキラー的な存在が増えつつあるが、シンワ・スポーツ・サービスは、地域で一番の施設内容と最高のホスピタリティで、他社との差別化
を図っている。

経営理念(目指すゴール)は、ホスピタリティ溢れるサービスをベースに、親切丁寧なスポーツクラブ、安心・安全なスイミングスクールを作り、水泳とフィットネスを通して地域を健康にし、人々の幸せに貢献していこうというものである。単にスポーツのスキルや健康増進を目指すだけでなく、人生における充足感を提供する企業であり、ホスピタリティ産業(=心の共有業)であると、自らを位置づけている。

  • スイミングスクール事業のほか、フィットネスジム、デイサービス施設も運営
    スイミングスクール事業のほか、フィットネスジム、デイサービス施設も運営
  • 2カ月に一度のホスピタリティ研修
    2カ月に一度のホスピタリティ研修

    <職場の特徴・求める人材>
    相手の喜びを自分の喜びと感じる人

    すべてのスタッフには「私たちが大切にする行動基準」=4つの約束「安全(Safety)」、「礼儀正しさ(Hospitality)」、「清潔(Cleanliness)」、「品質(Quality)」が示されており、その上で職場では、個々がこれら行動基準に照らし合わせどのように行動すべきか判断することが求められる。2カ月に一度のペースでホスピタリティ研修が実施される。

    毎年12月にはスタッフがスタッフの言動や振る舞いを表彰する「スピリット・オブ・シンワ・スポーツ」というイベントも行っている。

    採用に当たっては、スポーツの経験はあった方が有利だが、必須ではない。それよりも、「重視するホスピタリティというのは、日常の延長線上にある」(江守さん)という考えから、普段から笑顔で礼儀正しく対応でき相手の喜びを自分の喜びと感じることができるかといった個人の資質が重視される。また何でも上の言うとおりにするのではなく、自分で考えて目の前のことに対処し、「一隅を照らす」ことができる人が望まれる。

    • 社員が携帯するシンワ・スポーツ・サービスのフィロソフィーをまとめた小冊子
      社員が携帯するシンワ・スポーツ・サービスのフィロソフィーをまとめた小冊子

    先輩に聞きました


    • 話し手:スポーツインストラクター・榊田麻衣さん
      聞き手:東洋大学理工学部3年・斉藤亘さん
      東洋大学 理工学部 1年・大録健司さん
    • 先輩に聞きました
      「接客業ではあるのですが、マニュアルに囚われるのではなく、会員の方にも自分で考えた話題でよくお話しをします。そういう職場の雰囲気がとても心地よいと感じています。将来結婚して子供ができても、この仕事を辞めることはないと思います」と榊田さん。
    Q:インストラクターなどのライセンスを持っていなくても入社できるのですか?
    資格を持たずに入社される方もいます。資格の取得はスポーツクラブがしっかりサポートしてくれるので、入ってから学ことも可能です。
    Q:職場の雰囲気はどうですか? プライベートで遊びにいったりしますか?
    職場の雰囲気はとてもアットホームで、働きやすいですね。私は他の同期の人たちと家の方向が違うということもあって、今のところ、プライベートで会うことはあまりないですね。
    Q:幅広い世代の方とかかわる上で、一番気をつけていることは何ですか?
    会員の方には決して「ダメ」とはいいません、その人のいいところを見つけて、一歩一歩、少しずつ成長できるようにと心がけています。
    Q:どんな学生時代でしたか?
    私はトレーナー・インストラクターになるための専門学校に通っていたのですが、自分の好きで行った学校で、自分が好きなことをやるわけだから、毎日、本当に楽しかったという思い出しかありません。
    Q:今仕事でいちばん頑張っていることは何ですか?
    子供のスイミングスクールの指導をしているのですが、前回スクールで行われたテスト時に、思ったように子供たちを上達させることができていないことが分かったのです。今はどうすればもっと上達させることができるのか考えていて、そのためにレッスンのメニューを考え直しています。
    • インタビューを終えて

      スピリット・オブ・シンワ・スポーツという合い言葉が、ディスニーのスピリット・オブ・ディズニーから来ていることに驚きました。自分の好きなサッカーチーム、鹿島アントラーズには、スピリット・オブ・ジーコ(=献身、誠実、尊重)という言葉があります。人の心を大切にする職場に親近感を覚えました。(大録さん)
      会社全体に、環境がその人を変えるという信念が浸透していると感じました。人間は皆同じではなく、熱意を表に出すのが苦手な人もいると思うのですが、ひとり一人が、楽しく仕事をしてやり甲斐を感じる環境を作ろうと努力していることが伝わってきました。 (齋藤さん)

    企業情報

    社名株式会社シンワ・スポーツ・サービス
    社名(フリガナ)シンワスポーツサービス
    設立年1979年8月
    資本金1000万円
    代表者氏名飯野 眞之(イイノ マサユキ)
    所在地〒350‐1126 埼玉県川越市旭町2-13-1
    支店・営業所等
    グループ会社
    業種サービス業
    正社員数男性 23名 女性 25名 計 48名
    採用実績校城西大学、東洋大学、武蔵丘短期大学 等
    主な事業内容スポーツクラブ・スイミングスクール放課後等デイサービスの運営
    電話049-246-3355
    FAX049-244-6603
    企業サイトURLhttp://shinwa-sports-service.co.jp/
    ※本データは公開時点のものです

    その他の特集を見るSee other Special Leaf